浜松市南区12年の経験のあるダイエット美骨整体&美容カイロエステサロン

整体サロンみずたに アンジュ

電話受付時間(午前10時~午後7時)
​​​​​​​休業日:毎週火・水曜日・不定休(お電話にてご確認ください)

※ 予約・お問合わせは 午後7時まで可能です。
​​​​​​​※施術中でお電話に出れない場合は折り返しいたします。

Blog

ブログ

美骨整体サロン みずたに angeのブログになります。
​​​​​​​お客様にとって役立つ情報などを投稿しています。

キレイになる為の美肌つくり

日焼け止めクリームの選び方

★美肌のために気をつけたい
紫外線の種類は、2つ。
⚫︎「UVB」
海やプールなどで、長時間陽に当たった時に肌がほてったり、赤くなったりするのは「UVB」が原因。
⚫︎「UVA」
肌の弾力やハリを奪い、深いシワやシミを作る原因に!
サンカット効果のある窓ガラス以外は透過してしまうので、車の運転中や、テラスや窓際にいるだけでも、日常生活の中で知らず知らずに浴びてしまうので要注意。

★日焼け止めの選び方
「SPF」と「PA」、なにが違うの?

日焼け止めのアイテムのパッケージでよく見かける「SPF 50」や「PA+」などの表記。
それぞれ何を意味するかご存知ですか?違いを知って、効果的な日焼け止め選びのヒントにしましょう。
⚫︎SPF
ほてりや赤みを引き起こす「UVB」を防ぐ効果の指標のこと。

SPF値が高いほど「UVB」の紫外線防止効果が高く、SPF 50以上は「SPF 50+」と表示されます。
⚫︎PA
シミやシワの原因になる「UVA」の防止効果の指標のこと。

防止効果の程度は「+」〜「++++」の4段階で、「+」が多いほど防止効果が高くなります。
あなたは何派?ライフスタイル別日焼け止め選びのコツ
自分の生活のスタイルに合わせた紫外線予防効果があるアイテムを選ぶのが、日焼け止め選びのポイントです。

屋内での仕事、普通の生活のかたは
《コレを選ぼう!》
生活紫外線を予防してくれるタイプの日焼け止めがオススメ。
SPF 10〜20ぐらい、PA++が目安です。
シミやシワを積極的に防ぐには、さらに防御力の高いものを使用することが効果的。

部屋の中にいても、窓際では知らず知らずに紫外線を浴びていたり、日常生活で浴びるわずかな紫外線でも、長時間浴び続けると肌への悪影響に。日常的に日焼け止めをつける習慣をつけましょう。
 
★効果的な塗り方
1.日焼け止めは均一にムラなく
日焼け止めは薄く伸ばすのが一番NG!塗り残しのないように、肌全体に均一にムラのないようにつけるのが紫外線対策の基本です。

 
2.汗をかいた後の塗り直しが大切
日焼け止めは汗とともに流れてしまったり、汗を拭く時に一緒に取れてしまったりすることを意識しましょう。ムラになった部分に重ね塗りすると、余計にムラが広がってしまうので、一度取り除いてつけ直すのがベスト。顔の場合は、ティッシュなどで軽くメイクオフしてから、日焼け止め効果のある下地をつけ直してファンデーションで仕上げましょう。


3.日焼けしてしまったら、12時間以内にお肌を鎮静させる
シートマスクでお肌を鎮静させると、シミの元メラニン色素が活動したい
 

4.紫外線予防に効く食べ物、NGな食べ物
日焼け止めで外から肌を守ることに加えて、体の中から紫外線対策を!メラニンの生成を抑制したり、肌へのダメージを抑えてくれたりする栄養素βーカロテンやビタミンC、ビタミンEを積極的に摂るように心がけましょう。

また、カフェインを含むものや、メラニンの元となるチロシンを含むチーズなど、摂りすぎに注意したい食品もあります!

【紫外線予防に効く食べ物】
ブロッコリー、カリフラワー、赤ピーマン、黄ピーマン、パセリ、アセロラ、レモン、キウイ、イチゴ、ネーブル
【摂りすぎに注意したい食べ物】
大豆、チーズ、たらこ、しらす干し、コーヒー、紅茶、緑茶


自分の生活スタイルにぴったりの日焼け止め選びと、日々の食生活で紫外線対策も必要!
日焼け止め成分の入っているファンデーションや下地も活用して、日々の生活の中から日焼け対策に取り組んでみてくださいね。
スキンケアは美白タイプに切り替えるのもオススメです。
日焼け止めクリームを塗ると、お肌が圧迫感があり苦しいというかたには、水性の物をお勧めです。
マイコレのオススメ管理に水性の日焼け止めクリームをご紹介していますのでご覧ください。

浜松市南区12年の経験のあるダイエット 美骨整体&美容カイロエステサロン

〒430-0817
​​​​​​​静岡県浜松市南区頭陀寺町347-3 サンスクエアカミムラ103

@2020 bikotsusaisin mizutani & anju